進化計算シンポジウム2022
2022年12月17日(土)-18日(日) 北海道札幌

お知らせ

  • 進化計算シンポジウム2022のホームページを開設致しました。(2022/09/01)
  • 宿泊に関しては,できるだけ早めに確保することを強くお勧め致します。(初日である12/17には札幌にて有名アーティストによるライブ等のイベントが予定されております)(2022/10/19)

概要

進化計算シンポジウムは,国内の進化計算の研究者が年に一度合宿形式でじっくりと議論する機会を持つことを目的として企画され,これまで15回開催されてきました。

 第1回(2007年)    洞爺湖温泉
 第2回(2008年)    北海道登別温泉
 第3回(2009年)    沖縄県那覇市
 第4回(2010年)    福岡県糟屋郡久山町
 第5回(2011年)    宮城県岩沼市
 第6回(2012年)    長野県軽井沢市
 第7回(2013年)    鹿児島県霧島市
 第8回(2014年)    広島県廿日市市
 第9回(2015年)    愛知県西尾市
 第10回(2016年)    千葉県長生郡一宮町
 第11回(2017年)    北海道茅部郡森町
 第12回(2018年)    福岡県福岡市
 第13回(2019年)    兵庫県あわじ市
 第14回(2020年)    オンライン
 第15回(2021年)    オンライン

第16回の今回は,新型コロナウィルスの影響も考慮しハイブリッド開催とすることに決定いたしました。 (ただし,今後の感染状況によりオンライン開催となる可能性もございます)

第11回から実施している進化計算コンペティションを今回も初日午前に開催します。進化計算コンペティションは参加自由で,参加,観覧ともに無料ですので,こちらも多くの方々にご参加,ご観覧頂ければ幸いです。

会場

主なスケジュール

1. 進化計算シンポジウム2022関連

 発表申込受付締切  2022年11月11日(金)  2022年11月18日(金)(1週間延長しました)
 参加申込受付締切  2022年11月18日(金)
 論文提出締切  2022年11月1日(火)~11月27日(日) (予定)
 ただし【YRA審査対象の原稿】 11/18(金) 17時(厳守)となっております。
 開催日  2022年12月17日(土)~ 18日(日)

2. 進化計算コンペティション2022関連

 問題発表・チュートリアル  2022年9月8日(木)
  (第22回進化計算学会研究会にてハイブリッド開催)
 競技開始  10月上旬 (予定)
 競技終了  2022年12月10日(土)
 結果発表  2022年12月17日(土)9:00~12:00
  (進化計算シンポジウムにてハイブリッド開催)

対象領域

このシンポジウムは,近年目覚ましい発展を遂げている進化計算を対象とし,関連するすべての進化計算の理論,開発,応用をトピックとして取り上げます。主なトピックは下記の通りですが,これに限定しません。

  • 進化計算に関するアルゴリズムの理論
  • 進化計算アルゴリズムの実問題への応用
  • 進化計算を用いた機械学習,識別システム
  • 進化計算の他分野への応用
  • 進化計算ソフトウェア開発
  • 進化計算に関するアルゴリズム開発

シンポジウム発表形式

今回のシンポジウムでは,コロナ禍における対面方式での安全な実施のため,発表形式は口頭発表のみです。ポスター形式での発表はありません。発表1件あたりの時間は15分(発表10分,質疑応答5分)です。

発表申込,論文作成・提出方法

  • 参加申込: 受付中。ここから以下の手順で行なってください。
  • 発表申込: 受付期間中(2022年10月1日(土)~2022年11月11日(金)に,ここから以下の手順で行なってください。
    1. 今回,google formにて参加・発表申し込みを受け付けますので,発表申込と同時に参加申込フォームにもご記入ください。
    2. IEEE CIS 日本支部 Young Researcher Award (YRA) の審査対象者で,かつ審査を希望する方は,発表申込み・論文投稿の途中で,「YRA希望」をチェック してください。審査対象の詳細については,本webページの下の方に記載があります。
  • 論文提出: 受付期間中(2022年10月1日(土)~2022年11月27日(日)午後5時)に,参加申し込みフォームに記載の投稿方法で行ってください。受付期間中は,」何度でも論文の更新が可能です。
  • 論文様式: 4~8ページ程度(PDFファイル・5MB以内)で作成ください。
  • 論文template: (Word format), (TeX S-jis set), (TeX EUC set

参加費について

≪参加費用≫
参加費(一般): 7,000円
参加費(学生): 4,000円

本シンポジウム参加に関する費用は以下の振込方式に従い,下記の銀行に振込下さい。

申し込みサイトにて申し込み頂いたすべての方に,3桁の申し込み番号を,
後日メールにてご連絡いたしますので,期日(11/30)までのお振込みをお願い致します。

    振込方式
  • 振込は参加者一人一人個別に行って下さい。
  • 振込人名義は 参加者番号(3桁)振込人氏名 として下さい(例: 101ヤマダタロウ)。

例年,複数名でまとめて振り込まれる事例がございますが,まとめて振り込まれた場合,個々の参加者の確認ができず,未払とみなされることがございますので,参加者番号の入力も含め,ご協力のほどお願い致します。

※参加者番号は後日,メールにてご連絡させて頂きます。

企業の方で上記振込方式に従えない場合,本ページ最後に記載のお問合せ先まで御相談下さい。

≪振込先≫
ゆうちょ銀行 〇〇八店 (ゼロゼロハチ, 店番:008)
・預金種目:普通
・口座番号:3944047
・口座名:シンカケイサンシンポジウムジッコウイインカイ

特別講演

招待講演(12月17日(土)17:10-18:10を予定)

講演者:野田 五十樹 教授
御所属:北海道大学 大学院情報科学研究院 情報理工学部門 複合情報工学分野

題目:マルチエージェント社会シミュレーションによる進化的社会設計

概要:マルチエージェント社会シミュレーション(MASS)は,交通や災害対策といった社会サービスの設計において,試行錯誤を容易にして工学的アプローチを可能にするツールである。本講演では,MASSを使った社会設計とその進化的手法の応用について,事例を中心に紹介していく。

プログラム

タイムテーブルを掲載しました。

 前日 (12/16(金))

Open Spaceディスカッション

 1日目 (12/17(土))

9:00-12:00   進化計算コンペティション2022 (小講堂)
13:00-13:10 開会式 (小講堂)
13:10-13:15 休憩
13:15-15:00 口頭発表セッション1 (小講堂, 第一会議室)
15:00-15:20 休憩
15:20-16:50 口頭発表セッション2 (小講堂, 第一会議室)
16:50-17:10 休憩
17:10-18:10 特別講演

 2日目 (12/18(日))

9:00-10:30   口頭発表セッション3 (小講堂, 第一会議室)
10:30-10:50 休憩
10:50-12:35 口頭発表セッション4 (小講堂, 第一会議室)
12:35-13:35 昼食 (各自)
13:35-14:15 総会
14:15-14:35 表彰,閉会式  

前日イベント Open Space ディスカッション

  • 目的:進化計算の将来的な目標を話し合うために,参加者が自由にトピックを設定し,自由な議論の場を持ちたいと思います。新たな目標設定とともに,新しい研究アイディアが生まれることを期待しています。
  • 日時:12月16日(金) 14:00-18:30(予定)
  • 場所:北海道大学(現地会場 調整中),Zoom(オンライン会場)※現地・オンラインのハイブリッド形式で開催
  • 開催概要と参加申し込みについてはこちらをご覧ください

IEEE CIS 日本支部 YRA

本シンポジウムに論文投稿し発表した若手研究者を対象に, IEEE Computational IntelligenceSociety (CIS) 日本支部 Young Researcher Award (YRA) を選出し表彰します。 対象は,投稿論文の筆頭著者であり,かつ発表時点で35歳以下の方で,かつ過去に進化計算学会でのYRAを受賞されていない方です。 YRAでは,発表のみではなく論文審査による評価も行うため,希望者は発表申込時に「YRA希望」をチェックし,原稿締切日までにご投稿下さい。なお,受賞にあたっては,すでにIEEEの会員(学生員含む)であるか,会員登録手続きを完了することが必要ですのでご了承ください。

進化計算シンポジウム2022特集号

TBD

協賛

日本感性工学会
日本知能情報ファジィ学会
一般社団法人 電気学会 電子・情報・システム部門
一般社団法人 システム制御情報学会
一般社団法人 情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会
一般社団法人 人工知能学会
一般社団法人 電子情報通信学会
公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会
公益社団法人 計測自動制御学会
IEEE Computational Intelligence Society 日本支部

実行委員会

実行委員長

  • 渡邉 真也(室蘭工業大学)

副実行委員長

  • 棟朝 雅晴(北海道大学)

プログラム委員長

  • 田邊 遼司(横浜国立大学)

会場・リモート担当

  • 三浦 克宜 (小樽商科大学)
  • 谷垣 勇輝 (産業総合研究所)
  • 佐藤 孝洋 (室蘭工業大学)
  • 榊原 一紀 (富山県立大学)

お問合せ先

ecsymp2022@googlegroups.com

ivZV|WE2022

22ivZw

ICW[i