進化計算シンポジウム2018
2018年12月8日(土)-9日(日) 福岡県福岡市

お知らせ

  • 進化計算シンポジウム2018のホームページを開設致しました。(2018/06/01)

概要

進化計算シンポジウムは、国内の進化計算の研究者が年に一度合宿形式でじっくりと議論する機会を持つことを目的として企画され、これまで11回開催されてきました。

 第1回(2007年)    洞爺湖温泉
 第2回(2008年)    北海道登別温泉
 第3回(2009年)    沖縄県那覇市
 第4回(2010年)    福岡県糟屋郡久山町
 第5回(2011年)    宮城県岩沼市
 第6回(2012年)    長野県軽井沢市
 第7回(2013年)    鹿児島県霧島市
 第8回(2014年)    広島県廿日市市
 第9回(2015年)    愛知県西尾市
 第10回(2016年)    千葉県長生郡一宮町
 第11回(2017年)    北海道茅部郡森町

第12回の今回は福岡市で開催します。活発な情報交換を行うことを目的として、発表はポスターセッションを基本にしてフラッシュトーク (2分以内)を併用します。進化計算にご関心のある多くの方々のご参加をお待ちしています。

前回第11回に続き、初日午前に、進化計算コンペティションを開催します。進化計算コンペティションは参加自由で、参加、観覧ともに無料ですので、こちらも多くの方々にご参加、ご観覧頂ければ幸いです。

会場

主なスケジュール

1. 進化計算シンポジウム2018関連

 発表申込受付開始    2018年7月30日(月)
 参加申込受付開始    2018年8月27日(月)
 発表申込締切    2018年10月26日(金)
 参加申込締切    2018年11月2日(金)
 論文提出締切    2018年11月2日(金)
 フラッシュトーク用スライド提出締切    2018年11月30日(金)
 開催日    2018年12月8日(土)午後~ 9日(日)15時頃

2. 進化計算コンペティション2018関連

 内容の公表       2018年7月30日(月)
 参加申込受付開始    2018年8月27日(月)
 参加申込締切    2018年11月2日(金)
 データ提出締切    2018年11月23日(金)(締め切りの延長はありません)
 開催日    2018年12月8日(土)午前

対象領域

このシンポジウムは、近年目覚ましい発展を遂げている進化計算を対象とし、関連するすべての進化計算の理論、開発、応用をトピックとして取り上げます。主なトピックは下記の通りですが、これに限定しません。

  • 進化計算に関するアルゴリズムの理論
  • 進化計算アルゴリズムの実問題への応用
  • 進化計算を用いた機械学習,識別システム
  • 進化計算の他分野への応用
  • 進化計算ソフトウェア開発
  • 進化計算に関するアルゴリズム開発

シンポジウム発表形式

全発表は、会場の壁あるいはパネルを用いたポスター発表です。

  • ポスターサイズ: 幅90cm×高さ120cm(およそA0サイズ)以内のポスターをご持参ください。
  • フラッシュトーク: ポスターセッションの最初にスライドによる2分以内のshort presentationを行っていただきます。
  • フラッシュトーク用スライド: 下記要領による事前提出をお願いします。
  • 論文: 下記要領による作成と事前提出をお願いします。

シンポジウム発表申込、論文作成要領、および、論文提出方法

  • 発表申込: 受付開始(2018年7月30日(月))~10月26日(金)に、ここから行ってください。(詳細は後日掲載)
  • 論文提出: 受付開始(2018年7月30日(月))~11月02日(金)に、ここから行ってください。(詳細は後日掲載)
  • 論文様式: 4~8ページ程度(PDFファイル・5MB以内)で作成ください。
  • 論文template: (Word format),(TeX S-jis set),(TeX EUC set

フラッシュトーク用スライド作成要領、および、スライド提出方法

  • スライド様式: 横A4サイズのPDFのスライドを作成してください。2分以内というトークの時間制約を考慮して作成してください。
  • スライド提出: 発表申込受付開始(2018年7月30日(月))~11月30日(金)に、ここから行ってください。(詳細は後日掲載)

シンポジウム参加申込、および、参加費・宿泊費支払い方法

  • 参加申込: 参加申込受付開始(2018年8月27日(月))~11月02日(金)に、ここから行ってください。(詳細は後日掲載)
  • 参加費(宿泊費を含まず): (一般)12,000円、(学生)10,000円
  • 宿泊費: 金額は若干変更の可能性があります。会場「休暇村志賀島」での前泊(12/7(金)泊)の有無によって変わります。
 前泊なし  (一般、学生共通): 10,000円
 素泊まり前泊  (一般、学生共通): 14,170円
 朝食付き前泊  (一般、学生共通): 15,250円
 夕朝食付き前泊  (一般、学生共通): 18,850円
  • 12月8日(土)の昼食: 希望申込者に用意します(1000円)
  • 支払方法: 参加費+宿泊費+昼食代(希望者のみ)の合計金額を、以下のいずれかの方法のでお支払いください。(詳細は後日掲載)
    • シンポジウム参加登録時のクレジットカード払い
    • 銀行振込

プログラム(案)

変更になる可能性もありますが、開始・終了時間はほとんど変わらないと思います。

 1日目 (12/8(土))

 09:00-12:00   進化計算コンペティション2018
     
 13:00-13:05   進化計算シンポジウム2018開会式
 13:10-14:50   ポスターセッション 1
 14:50-15:00    休憩(10分)
 15:00-16:40   ポスターセッション 2
 16:40-16:50     休憩(10分)
 16:50-18:30   ポスターセッション 3
 19:00-21:00   懇親会

 2日目 (12/9(日))

 09:00-10:30   特別企画
 10:30-10:40    休憩(10分)
 10:40-12:20   ポスターセッション 4
 12:20-13:30    昼食
 13:30-14:15   総会
 14:15-14:50   表彰、閉会式、写真撮影

特別企画(案)

12月9日(日)9:00-10:30の実施を予定しています。

数学者の方に、進化計算研究者が抱える数学的な問題の解決に役立つ内容のご講演をいただくことを考えています。
具体的には、事前に(シンポジウム開催の2ヶ月ほど前までに)、進化計算学会および進化計算シンポジウム2018参加者の皆様から、研究の中で解決したいと思っている数理的問題を募集し、AIMaP事務局に事前にお見せして当該問題解決に相応しい数学者を全国12協力拠点から選出していただき、それら問題の解決に役立つ内容の講演をご準備いただくことを考えています。
さらに、問題提案者は、特別企画の時間内では足りなかった点について、特別企画の次のポスターセッションの時間に、さらに議論(例えばポスター発表形式で)を行っていただけます。

この特別企画(案)を実現するために、AIMaP集会等の公募に、上記の数学者の派遣を含む内容で現在応募中です。

進化計算コンペティション2018

  • 開催日時: 初日12月8日(土)午前
  • 内容: コンペティション内容の公表(2018年7月30日(月))後に、こちらに掲載  

協賛(アルファベット順、五十音順)

協賛:

実行委員会

実行委員長

  • 大西 圭(九州工業大学)

プログラム委員長

  • 小野 景子(龍谷大学)

実行委員

  • 小野 智司 (鹿児島大学)
  • 永田 裕一 (徳島大学)
  • 福本 誠(福岡工業大学)

お問合せ先

ecsymp2018@googlegroups.com

2018 JPNSEC International Workshop on Evolutionary Computation

ivZV|WE2018

ICW[i