第20回進化計算学会研究会
2021年9月8-9日 オンライン

お知らせ

  • 第20回 進化計算学会研究会のホームページを開設致しました. (2021/06/03)

概要

第20回進化計算学会研究会は, 2021年9月8日(水)〜9日(木)にオンライン開催されます. 進化計算に関連する口頭発表(ロングトークとショートトーク)を募集いたします.この機会に投稿をご検討ください.

発表区分は,以下の2つです.

  • ロングトーク(発表25分,質疑応答15分,コメンテータ2名による討論)
  • ショートトーク(発表と質疑応答で合計15~20分の予定)

ロングトークは,従来の研究会における口頭発表です.ショートトークは,オンライン開催のための新たな発表区分で,従来の研究会ではポスター発表に相当します.

皆さまからの多数の発表申込,参加申込をお待ちしています.

主催

進化計算学会

期日

2021年9月8日(水)~9日(木)

会場

  • Zoomオンライン会議室 (参加申込者に参加方法を案内します)

チュートリアル講演

  • 題目:進化計算のランデヴー
    Sir A. C. ClarkeがRendezvous with Ramaで描いたテーマと同様,進化計算それ自体は我々に何ももたらしません.実製品の多目的最適設計では,問題定義・最適化・データ解析の3相を経て初めて知見が創出されます.この3相で成り立つ設計情報学の世界では,最適化はデータ解析のためのデータベース構築器の役割を担う道具です.最適化・データ解析両結果は,問題定義に支配されるため,問題に精通した何かのみ結果への解釈に至ります.自調自考があって,これらの道具が初めて道具に昇華され,我々は大腿骨を拾い,そして振り下ろす猿へと進化するでしょう.本講演では,過去の事例に基づき思索懊悩の一端を概説致します.
  • 日時: 9月8日(水) 10:30-12:00
  • 講師:
    千葉 一永, 教授
    電気通信大学 大学院情報理工学研究科 教授,

    2005年3月 東北大院 工学研究科 航空宇宙工学専攻 博士課程 修了,
    ただちに,独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 入所,
    その後,同機構航空プログラムグループ等を経て,
    2015年4月より電気通信大院 情報理工学研究科 知能機械工学専攻に奉職.
    2017年 日本機械学会設計工学・システム部門より第95期業績賞,
    2019年 International Conference on Intelligent Systems, Metaheuristics, & Swarm IntelligenceからBest Paper Presentation Award,
    2020年 International Conference on Data Mining & Big DataからBest Paper Award,
    2014年, 2016年に進化計算学会から研究会最優秀論文賞を受賞.

プログラム

後日公開

申込日程

  • 講演申込〆切: 2021/8/11(水)
  • 原稿〆切:   2021/8/25(水)

申込方法

本研究会への参加は, 申込サイト必要事項を入力してください.

本研究会は,進化計算学会の会員ではない方(非会員)も参加可能です.非会員の方は,進化計算学会への入会(会費無料)もあわせてご検討いただければと思います.こちらからお手続きいただけます.

発表原稿

  • 発表をお申し込みの方に,原稿の投稿方法をメールいたします.
  • ロングトーク:A4サイズ 4ページ以上,ショートトーク:2ページ以上とします.原稿フォーマットは以下からダウンロードできます.

登壇・参加費用

なし

懇親会

9月8日(水)18:00- オンラインでの開催を予定

問合せ先

E-mail: sig-office[at]jpnsec.org

  • 進化計算学会研究会担当:佐藤 寛之 (電気通信大学)

ivZV|WE2020

19ivZw

ICW[i